インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

トップページ > インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

インプラントとブリッジ・入れ歯で迷われている方へ

今までは歯を失ってしまった方の場合は、「ブリッジ」や「入れ歯」のどちらかが一般的でしたが、近年は、インプラント治療を選択される患者様が増えております。

どうしてもブリッジですと両サイドの健康な歯を削る必要があります。また入れ歯の場合は金属のバネが見えるような審美性やデメリットもございます。

インプラントは、噛み心地もよく、天然の歯と同じように感じていただけます。

ブリッジとインプラントの比較


  インプラント 入れ歯 ブリッジ
メリット ・自分の歯に限りなく近く、自然に見える。
・周りの歯を一切削らなくてよい。
・自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかる。
・アゴの骨がやせるのを防いでくれる。
・一般的治療で、簡単に治療を受けることができる。
・健全な歯をほとんど削らなくてすむ。
・費用をかければ見た目の仕上がりがよい。
・固定式のため、装着しても違和感があまりない。
デメリット ・歯を抜くのと同じ程度の手術が必要
・全身疾患がある場合には治療ができない場合がある。
・入れ歯に違和感を感じることがある。
・固い食べ物に苦労する場合がある。
・見た目が良くない場合がある。
・発音に問題がでる場合がある。
・ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある。
・発音に問題がでる場合がある。
・歯の抜けた部分の骨がヤセていく場合がある。
・口の中が不衛生になりやすい。

Copyright(c) 2020 奈良の歯科医院 松田歯科医院. All Rights Reserved.